建築士

高校中退者ですが長年の夢である建築士を目指しております。

夢はそんなに簡単にあきらめるものではないし絶対にやり遂げたいと思ってますので、そういった過程で現在建築士になるため、休学中だった高校へ通いはじめております。

最終的には1級建築士になろうと思い、卒業後に建築事務所に働きながら2級建築士受験資格の資格を取得しようと思ってます。

一番の問題は就職する先と2級建築士取得後だと思ってます。一級建築士を受験するには建築士事務所での実務経験7年間が必要だと聞いているので、そこからが出発ですね。

建築士の試験内容も少し調べましたが、二次試験の製図が苦手です。
現場ではCADで書いている会社さんが多いって聞いたので、製図はCADだと思い、勉強はしているのですが、試験は手書きみたいですね。
手書きの製図は学校で多少勉強しますが、やはり覚えるのが大変です。

建築関係といっても幅広い

建築関係といっても業務内容は意匠設計、構造設計、材料、照明、音響、施工管理等があり、どの職種かで勉強すべき事は変わってきます。

意匠設計はセンスも問われるので、もともとの美術的な才能も必要です。

構造設計なら理数系ですので力学が基本となり、設備関係なら光学や波学あたりが基本ではないかと思います。

もし建築関係の仕事につきたいのであれば、より具体的な職種を選択することで、今やるべき事が明らかになって来ると思います。